kintoneに基本情報を管理するのアプリを作る。1レコードに「AさんとAさんの扶養家族の情報」という形で空レコードを作成します。

あわせて、それぞれのレコードにユーザを識別するための項目を追加します。社員番号やメールアドレスが適切。今回はメールアドレスで識別しましょう。

 (工夫をすれば扶養家族の情報は別レコードも可能、別の記事で紹介予定)

じぶんページにスタッフのユーザ情報を登録します。kintoneのアプリでユーザを識別する値として社員番号を利用する場合には、上級者設定の識別情報に社員番号を登録します。

アプリの管理画面で、kintoneの基本情報のアプリと接続して、表示項目を選択します。利用機能として編集機能にもチェックしましょう。

じぶんページのアプリ設定画面で、識別子をメールアドレスに設定します。

これで、スタッフは自分の個人情報の閲覧と編集ができるようになります。

スタッフが情報を編集すると、kintoneのアプリで更新履歴が記録されます。また更新の通知設定をしておけば、更新されたことに気付きやすくなるでしょう。